アーカイブ  |



 

10月1日に貨客混載バス「エコロジーバス」の出発式が挙行されまました。

青木線は千曲バス下秋和車庫(上田市)から青木バスターミナルを結ぶ全長15km。

貨客混載便は下秋和車庫発12時01分発と、16時01分発の2便で実施します。

千曲バスではヤマト運輸株式会社との提携により、乗客と貨物を一緒に運び、青木村まで輸送された荷物は、ヤマト運輸の配送員によって各家庭に届けるシステムです。

青木線は学生さんなど、利用される村民のみなさまにとって不可欠な路線で、この事業が路線維持につながっていくことも目的としています。

長野県内の自治体での取り組みは上水内郡飯綱町に次いで2例目。これからの時代、宅急便の需要も増加傾向にあり、バスの持つ役割と有効活用として、新しい活路を見い出していけると考えております。

地域のみなさまや、地方の発展に当社も寄与していけますように力を合わせてまいります。

 

 

 

 

 



(1) 2 3 4 ... 7 »
千曲バスよりお知らせ